おならの臭い対策と消す方法

おならと妊娠中や生理中との関係や理由は?

 

妊娠初期から頻繁におならが出る様に
なったという話をよく耳にします。

 

 

 

プレママが、おならをしてしまうのには
ちゃんと理由があります

 

 

 

女性ホルモンの仕組みを理解する

 

 

 

妊娠初期のおならは、女性ホルモン(黄体ホルモン)
が関係しています。

 

 

 

女性ホルモンは、女性が妊娠、出産できる身体になるために、
脳が指令を出して卵巣で作られます。

 

 

 

この女性ホルモンは2種類あって、
一つは卵胞ホルモン、もう一つは黄体ホルモンと言います。
このうち、黄体ホルモンは妊娠を助け、
継続しやすい働き をします。

 

 

 

ですから女性は妊娠すると、
この黄体ホルモンの分泌量が増加します。

 

黄体ホルモンは腸の動きを抑制し、ぜん動運動
(腸内での収縮運動。内容物を移動させる役割)
低下させます。

 

 

 

大腸の運動が活発でないと、腸内環境が悪化しますね。
さらに水を溜めこむ性質があるので便秘気味になります。
このために、おならも発生しやすくなります。

 

 

 

ただ、妊娠初期の身体は大変デリケートで、
ちょっとした事でも流産の危険があります。

 

 

 

黄体ホルモンは妊娠した身体を守る働きをしますので、
腸のぜん動運動を止める事も、赤ちゃんを守り、
流産を防ぐためには大事な役目といえます。

 

 

 

そして、妊娠が進むにつれ、子宮も大きくなり、
腸や内臓を圧迫するようになります。
そのせいで、腸の運動が妨げられたりして、
通常よりもスムーズな排便活動が出来なくなります

 

 

 

黄体ホルモンがおならの原因

生理と黄体ホルモンも深く関係しています。
女性の身体は、ホルモンの作用により、
卵巣で卵を作り、排卵します。
子宮では受精卵が着床しやすい環境を整えます。

 

 

 

妊娠に至らない場合、この準備は必要なくなるので、
月経として体外に排出されます。

 

 

 

排卵から次の月経までの間は黄体ホルモンが出ます。
この黄体ホルモンが分泌されることによって
妊娠時ほどではありませんが、
腸のぜん動運動を低下させてしまいます。

 

 

 

よって、どんどん便秘気味になり、
おならも増してしまいます。
そのせいで、中には、次の月経直前のおならが
とても臭いと感じる人もいるのです。

 

 

 

そして、生理になると
この黄体ホルモンの分泌はストップします。
今まで押さえられていた腸の動きも正常に戻ります

 

 

 

活発になった腸は、溜めこんだ老廃物を一気に出しますので、
今まで便秘気味だった人も、生理中は下痢気味になったり、
おならが沢山出てしまう人もいます

 

 

 

生理前も、生理中も、ホルモン分泌のせいで、
おならが出やすくなるのです。

 

 

 

こうして見てみると、男性よりも女性の方が、
生理学的側面からも、便秘になりやすかったり、
腸内環境が悪化する傾向にあるのですね。

 

 

 

 

 

Sponsored Link