おならの臭い対策と消す方法

おならにいい薬ってあるの?善玉菌を増やし自律神経のバランスをよくしておこう

 

おならにいい薬というのは、言い換えれば
おならを出さないようにする薬と言えるのではないでしょうか。
つまり、おならを作り出す、腸内に働いてガスを減らしたり、
作り出さないようにする薬ということになります。

 

 

 

腸内環境を整えるための整腸剤

 

まず最初に試してみたいのが、
腸内環境を整える、整腸剤です。

 

 

 

肉類や食品添加物が、沢山入った料理などを摂った時は、
ガスが腸内に多く発生し、腸内細菌のバランスが崩れ、
悪玉菌(ウェルシュ菌など)が多くなり
腐敗臭の強いおならが沢山出てしまいます。

 

 

摂取した食品が原因ではなくても、
例えば、便秘や運動不足、高齢などからも
腸内の善玉菌は減ってしまいます。

 

 

 

多くの整腸剤は、ビフィズス菌のような
乳酸菌や善玉菌を配合してあります。
腸内に沢山の善玉菌を送り込むことにより、
悪玉菌をやっつけてくれます。

 

 

 

 整腸剤の良い点は、便秘の場合も下痢の場合も
どちらにも使える事ですね。
どちらかに傾いたバランスを真ん中に調整してくれる
役割を果たすのが整腸剤です。

 

 

 

腸内に溜まったガスに効果のある薬

腸に溜まったガスを潰してくれる、
消泡剤ジメチコンが配合されている薬
お腹が張って苦しく重いと感じている方に有効です。

 

 

 

その名の通り、泡(ガスのかたまり)を消す作用があります。
ガスの膜を薄くし、潰れやすくする効果があります。
このお薬は、胃カメラ等の検査でも、ガスを消すために使用されます。

 

 

 

繊維の多い食物(イモや豆類)などを摂ると、
大腸で分解される際に発酵して、悪臭はしませんが、
水素ガスやメタンガスが発生します。

 

 

 

食物繊維は、便秘の解消し、腸内環境を整えてくれるので
身体に良いものではありますが、同時にガスを作り出すもとにもなるので、
摂りすぎるとその分、たくさんおならが出ます。

 

 

 

そこで、過剰な食物繊維を分解してくれるセルラーゼという
消化酵素を含むサプリメントも有効です。

 

 

 

また、胃が弱っている人は、食べ物を胃で十分に消化、
分解が出来ていないまま、小腸、大腸へと運ばれてしまうので、
腸にかかる負担は増大し、悪玉菌を増やしてしまいます。
よって、胃を健康に保つための胃薬も
おなら防止に効果があるのです。

 

 

 

また、炭や生薬の力を利用し、腸内の老廃物やガスを
吸着して便と一緒に排出するという整腸薬もあります
炭には腸内に溜まった有害物質を
吸着してくれる働きがあります。
体内に吸収されることもないので、
便として排出してしまうので、おならの数も臭いも減るという仕組みです。

 

 

 

ただ、これらのガスを減らそうとする薬は、
その成分の為、軟便になりやすく、
下痢になってしまう事もあります。

 

 

 

もともとお腹が緩めの方などは、
止瀉成分の入っていない整腸剤をおすすめします。

 

 

 


また、自律神経の乱れなどから起こる、
過敏性腸症候群が原因のおならには、
上記のような腸内環境改善を目的とする薬は
効かない事が多いです。

 

 

Sponsored Link