おならの臭い対策と消す方法

おならが多く出すぎる病気 呑気症(どんきしょう)やIBSとは

 

 

おならが多く出る病気の中でも、
こちらでは、胃や腸の炎症や潰瘍が
直接的な原因ではなく、
ストレスなど心理的な問題が
深く関係する病気を取り上げてみます。

 

「胃腸のトラブルが原因」はこちら

 

 

 

空気嚥下症(くうきえんげしょう)

 

 

別名、呑気症(どんきしょう)とも呼ばれます。
この病気は、口から空気を大量に
呑み込んでしまう事により発症します。

 

 

食べ物を飲み込むときにも、同時に空気を飲み込みますが、
この病気の人は、飲食時だけでなく、
一日を通して無意識にたくさん空気を
飲み込んでしまっているのです。

 

 

 

人は、緊張や不安に直面すると、
奥歯をかみしめ、ごくりと唾を飲み込む事がよくありますね。
この頻度が多ければ多いほど、
沢山の唾液と共に大量の空気を取り込んでしまうのです。

 

 

 

つまり、ストレスが多い人や、神経質な人などは、
緊張や不安を感じる度合いが多くなるので、
呑気症にもなりやすいのです。

 

 

 

 

取り込んだ空気は、
胃や腸に溜まり、げっぷや吐き気になったり、
腹部に溜まると膨満感、
腸に溜まるとおならとなるのです。

 

 

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

過敏性腸症候群は、通称 IBS(Irritable Bowel Syndrome)と言われます。

 

 

 

この病気は、レントゲンや、内視鏡、腸検査などで
異常が見られないにもかかわらず
便通異常や、腹部膨満感、お腹がゴロゴロ鳴る、
おならが出すぎてしまうなど、
明らかに普通とは違う便通症状が起こります。

 

 

 

原因がまだよくわかっていませんが、
症状により、複数のタイプに分けられます。
・下痢と便秘を繰り返す不安定型
・下痢型
・便秘型

 

 

 

女性は便秘型、男性は下痢型が、多くみられます。

 

下痢型の場合の症状は、大腸のぜん動運動(臓器の収縮運動のことで、内容物を移動させる役割)
が盛んになり、腸内で十分に消化分解しきれていないうちに、
排泄されてしまうので、下痢になるのです。

 

 

 

便秘型はその逆で、ぜん動運動が弱くなってしまうので、
排泄されず溜まってしまいます。

 

 

 

大腸のぜん動運動が不安定になってしまう理由としては、
ストレスを抱えた脳と自律神経に深く関係しています。

 

 

 

脳が緊張やストレスを感じると、
それは自律神経を介して体のいろいろな場所に影響を与えます。
腸にとっては、それは下痢や便秘などの便通異常となります。

 

 

また逆に、便通の異常で抱えた痛みなどは、
今度は自律神経を介して脳にストレスを与えます。
どんどん悪循環になるわけですね。

 

 

 

テレビのCMでも、
通勤途中の突然の下痢に悩まされるサラリーマンに、
下痢止め薬で一安心という宣伝がありますね。

 

まさに働き盛りで、
ストレスを抱えるサラリーマン世代によく起こる症状が過敏性腸症候群です。

 

 

 

 

Sponsored Link