おならの臭い対策と消す方法

なぜおならは臭くなるのか?その理由は?

 

 

 

おならの臭いって、実に人それぞれですね。

 

おならの音は大きいのに、まったく臭わない人もいれば、
部屋中におならの臭さが充満してしまう人まで、
十人十色の、おならの臭いです。

 

 

 

そして、おならの臭いも、皆が同じものではありませんね。
腐った卵のような臭いだったり、便のような臭いだったり・・。

 

 

 

今日は、そんなおならが臭くなる理由を解明したいと思います。

 

 

 

臭いおならは食べ物が原因!

 

まずは、おならの臭いのメカニズムを調べてみます。

 

食べ物は口から入り、小腸で消化吸収され、残りは大腸に運ばれますね。
そこで腸内細菌の作用によって分解される際に、ガスを発生させます。

 

 

 

このガスは腸管から大部分は吸収されるのですが、
吸収しきれないものが、空気と共に肛門から排出されます。
これが屁【おなら】です。

 

 

 

繊維の多い食物(イモや豆類)などを摂ると、
大腸で分解される際に発酵して、水素ガスやメタンガスが発生しますが、
これらのガスは臭くありません。

 

 

 

肉や卵など、動物性たんぱく質を摂った時には、
大腸で腐敗し、臭いガスを発生させます。
 
 
にんにくやにらなど、硫黄分の多い食物も、
アンモニアや硫化水素などの強い臭いが発生します。
 
 
内臓の疾患が原因で、臭いおならが出る事があります。

 

 

 

腸内環境を改善すれば、おならは臭くない!

 

また、生活習慣も、臭いおならの原因となることが多いのです。

 

腸内に善玉菌(ビフィズス菌など)が少なく、
悪玉菌(ウェルシュ菌など)が多い場合、おならは臭くなります。

 

 

 

悪玉菌は、肉類や、食品添加物が沢山入った料理
などを摂ると、腸内に腐敗物を溜め、臭いガスを発生させます。

 

 

 

また、ストレスも、臭いおならと関係があるのです。
ストレスがかかると、胃酸の分泌が抑えられてしまい、
胃の働きが悪くなります。
その結果、食物は、未消化状態のまま、
腸まで送られてくるので、悪玉菌が増殖します。

 

 

 

また、加齢も悪臭の原因となります。
年をとると、腸内の善玉菌の量が減り、
悪玉菌が増殖し、臭いおならが出る事になります。

 

身体が老化するという事は、腸内も老化するという事です。
ちなみに、60歳の腸内には、わずか1%程度しかビフィズス菌が存在しないともいわれています。
年をとるとおならが臭いのは、そのせいなのですね。

 

 

 

以上の事からわかるように、
腸内に悪玉菌を増やす生活を続けていると、おならは臭くなるのです。

 

 

 

腸内に善玉菌が多ければ、腐敗物を溜める事がなく、
スムーズに排出してくれます。

 

 

臭いおならと腸内環境は、密接に関係しているのですね。

 

 

 

Sponsored Link