おならの臭い対策と消す方法

おならの音が出るのと音が出ない違いとはなにか?

 

おならの音・・絶対に周りに聴こえて欲しくないですね。

 

 

 

もちろん、人前でおならをしないにこしたことはないのですが、
どうしても出てしまう・・なんて時に、知っていると役に立つおなら仕組み

 

 

 

おならの音の出る仕組み

 

おならの音が出る仕組みは、
金属楽器のマウスピースを
想像して下さるとわかりやすいです。

 

 

金属楽器は、唇の振動を利用して、音を出しますよね。
唇をぎゅっと閉じながら、空気を強く吹きだす事で音が鳴ります。

 

 

おならの場合は、唇の代わりに、
肛門の皮膚が重なって音が鳴ります。

 

 

 

ぎゅっと閉じた肛門を、ガスが強く吹き出る事で、
おならの音が出ます。
そして、そのガスのスピードや、
排出量により、音の強弱や、高低差が生じてくるのです。

 

 

 

つまり、おならをする際に、緊張などで
肛門をぎゅっと固く閉めてしまう事により
音が鳴ってしまうのです。
おならの通り道を、肛門の皮膚が邪魔しているのです。

 

 

おならの音がでない人って?

 

肛門の緩め方を取得している人

 

 

 

おならをする時に、
肛門をぎゅっと閉めず、ガスを勢いよく大量に出さず、
リラックスしながら、ゆっくりと
少量ずつ出しているのだと思われます。

 

 

 

上記のテクニックを取得するのが難しい人は、
両手でお尻のお肉をひっぱり、お尻の穴を広げると音が出にくくなります。

 

おトイレなど、周りの人目を気にしない所ならば、活用できますね。

 

 

 

お尻の穴を広げ、おならの通り道を大きくすれば
音はでにくいのです。

 

 

 

椅子などに座っている時も、半分お尻を持ち上げるなどして、
肛門を広げると、音が小さくなることもあります

 

 

 

笑ってしまうような内容ですが、
覚えておくと損はないお話ですよ。

 

 

 

肛門筋を自在に操れるようになれば、
おならの音もコントロールできるという訳ですね。

 

 

 

Sponsored Link