おならの臭い対策と消す方法

おならを我慢すると、どのようなことになるのか?

 

 

 

 

外出中や、近くに人がいる時に、
気持ちよくおならはできませんね。
苦しくても、我慢してしまいます。

 

 

 

おならを我慢し続けると、
身体はどのようなことになるのでしょう?

 

 

 

おならはがまんすればするほど有害物質に・・

 

おならは、言ってみれば、
大腸内の悪臭のする有毒なガスです。
我慢すれば消えてくれるものではありません。
どんどんと増え続けて行きます。

 

 

腸内の悪玉菌も増え続ける為、
おならの臭さは、より腐敗臭を増します。
腸内環境が悪いために便秘になりやすくなり、
ますますガスが発生するという、悪循環に陥ってしまいます。

 

 

つまり、我慢すればするほど、次のおならが臭くなり、
便秘にもなりやすくなるのです。

 

 

また、腸の働きが鈍くなり、腸内環境が悪いという事は、
代謝も鈍くなってしまうので、結果的に
やせにくい身体になってしまうとも言えます。

 

 

また、おならを我慢するのが習慣になってしまい、
出すのが難しくなってしまった場合は、もっと深刻です。

 

 

我慢したおならは、腸内で溜まっていき、
腰痛や腹痛の原因となります。
最終的にはパンパンに張ったお腹が内臓を圧迫し、
激痛や吐き気を引き起こします。

 

 

 

ここまでくると、なかなか自分の力で
改善するのが難しくなります。
医者に行って点滴なり、薬なりを
処方してもらわなくては、治りません。

 

 

 

我慢したおならは体を巡る?!

 

おならは我慢すると、大腸内から逆流し、
小腸に戻っていきます。そこで腸壁に吸収されて、
血管に入り、体の中を巡ります。

 

 

臭いおならが体を巡るわけですから、
皮膚からは臭い汗となって排出、
口からは臭い息となって出てくるのです。
臭い息は、その日に食べたものだけが理由ではないのです。

 

 

 

さらに、おならは毒素を含むガスですから、
それらが体を巡れば、血を濾過している
肝臓にも負担がかかります。

 

 

 

肝臓の機能の低下は、さまざまな病気を引き起こしますね。
例えば、糖尿病や、高脂血症などもリスクが高まります。

 

 

 

身体に良くない毒素を、常に大腸に停滞させておけば、
潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸がんなどの
大腸の病気も、腸内環境の良い人に比べれば、
格段に高まりますよね。

 

 

 

以上の事からわかるように、
おならを我慢する事は、身体にとって
良い事は一つもありません。

 

 

 

それどころか、
おならを我慢すればするほど、
身体を危険な状態にさらしてしまい、
深刻な病気へと繋がってしまいます。

 

 

 

身体の健康を保つためにも、
悪臭で有害なガスは早めに外に出しましょう。

 

 

Sponsored Link