おならの臭い対策と消す方法

口からおならの臭いがするのは本当なの?

 

口からおならの臭いがするなんて、
想像しただけでもぞっとしますね。

 

 

 

口臭の原因として、よく言われているのは、

 

 

 

  • ニンニク料理を食べた後とか
  • 歯周病や虫歯、歯磨き不足が原因だったり
  • 胃炎など、胃が荒れている事から

 

口臭がきつくなったりするようです。

 

 

 

果たして、おならも、これらの口臭の原因の一つなのでしょうか?

 

 

 

おならは腸からも吸収される

 

 

 

おならは、大腸内で発生します。
肉類やニンニクやニラなどを摂取した時
メルカプタンやインドール、スカトールなどの悪臭のするおならが発生します。

 

 

善玉菌の多い、バランスの取れた腸内環境で、
スムーズにおならを排出しているならば、
さほど臭いおならは発生しません。

 

 

 

ところが、偏った食事や、ストレス、運動不足など、
腸内環境が悪い場合、悪玉菌が増殖し、おならはより悪臭となります。
さらに、我慢すればするほど
さらに有毒となっていくという、悪循環に陥ります。

 

 

 

おならは肛門から外に排出されるのと同時に
大腸から小腸へと戻り、そこから腸の壁に吸収されます。
おならを我慢すればするほど、吸収される率が高まります。

 

 

 

身体の中に入ったおならは、血液と共に体の中を巡ります。
おならは体に吸収されても、悪臭のする毒素に
変わりありませんので、
身体の中を悪臭が巡るわけです。

 

 

おならの成分は肝臓から肺へ向かう

 

 

 

肝臓は、血液を濾過する所です。
通常は、おならの有毒物質や悪臭は、肝臓で濾過され
無害なものへと変化します

 

 

ただ、そのおならの量が大量であったり、
悪玉菌の増殖により、有害成分が多量に含まれていたりする場合や、
肝機能自体が、低下している場合は、そう上手くは行きません。

 

 

 

消化物のガスが肝臓で十分に分解、濾過されずに、
そのまま悪臭有毒ガスとして、血液に乗ったまま身体を循環してしまうのです。

 

 

 

肺には血管が集中しています。
口と肺は直結していますから、肺の血管に送られた、おならの臭いは
気管を通り、鼻や口から外に排出されるのです。

 

 

 

つまり、おならを我慢すればするほど、おならの悪臭はひどくなり、
それは同時に、口へと昇っていき、悪臭もひどくなるという事です。

 

 

 

ただ、身体を巡る、おならの悪臭は、
口から放出されるだけでなく、
身体の皮膚からも汗などで放出されるので、
臭い体臭にもなるのです。

 

 

 

要するに、おならを我慢して腸内に溜めておくと、
身体全体から、おならの臭いが発せられるようになるのです。

 

 

 

以上の事からわかるように、
大腸や肝臓など、内臓の調子は口臭に影響をあたえます。
腸内に腐敗物を長く滞留させることは、
おならの臭いの息や体臭を作ることになってしまいます。

 

 

「誰かがおならをしたかな?」と思ったら
自分の口臭だった!なんてことのないように、
日頃から腸内環境を改善し、おならは早めに出しましょう。

 

 

Sponsored Link